エアシスの働き光触媒とはこんな場所で FAQエアシスニュース
光触媒とは Top Pageへ

植物
光合成
エアシス
光触媒
光合成 光触媒
“光触媒”がどんな働きをするかご存知ですか?
植物が太陽の光のエネルギ−をうけて、葉緑素が二酸化炭素から酸素をつくる(光合成)のはご存知ですよね。
エアシスは、葉の表面にコ−ティングされた酸化チタンが太陽や蛍光灯の光(紫外線)のエネルギ−を吸収して葉の表面で有機物を分解します。すなわち、生活で発生するイヤな臭いやタバコのヤニなどの汚れを取り除いてくれるのです。また、細菌を殺す効果などもあります。
人工の植物であるエアシスは、有機物を分解・除去し、空気をクリ−ンにして私たちの健康に貢献します。 このようにエアシスには、生きた植物と似かよった作用があります。

“酸化チタン”の力
エアシスの葉にコーティングされた酸化チタンは、太陽光や蛍光灯の光の中に含まれる400nm (ナノメーター)以下の紫外線の当たる触媒として働き、葉の表面で強い酸化力を持ちます。
この強い酸化力によって、葉の表面で有機物を分解します。 生活の中で発生する悪臭やホルムアルデヒドなどの有害物質などを除去します。また細菌も分解し、抗菌効果があります。

  • 光の中に含まれる紫外線の照射が強まれば、分解能力は高まります。
    太陽光が入る窓際に置くと効果的です。
  • 蛍光灯下の微量な紫外線でも光触媒作用があります。
  • 光触媒は時間をかけて作用します。
  • 紫外線の強さ、室内の広さ、空気の対流等の諸条件により、効果が異なります。
  • 光触媒作用によって気が付かないうちにお部屋の空気を清浄化します。


目にも環境にもやさしく、快適な居住空間を演出するインテリアグリ−ン、それがエアシスです。



効果試験


Copyright 2000-2001 Sony Enterprise Co.,Ltd. All rights reserved.